« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

野呂糸 de 耳ぴた帽

Photo Photo_2 Photo_3

パターン:不埒な編み物三昧 パターン三昧より とらのままさんの耳ぴったり帽

糸:NORO Silk Garden Lite Col.2011 ボンボン付きで1玉

輪針7号(40cm)

耳当てのついたこのタイプの帽子が編みたかった。

耳にピタっという感じがなんだか嬉しい♪

軽くってあたたか~、満足~>^_^<

色がきれいな野呂糸。

地方のお店では、実物を手に取ってみることなんてないだろうと思ってた。ら

近くの手芸店にどひゃっと並んでいたわけです。

しかも50%OFFで!(いいんでしょうか?)

毛糸を手にとり興奮、かなり妖しい人間になってしまった。

買い控えを決意したけど、これは別。

Noro Silk45% - Kid Mohair 45% - Lamb's Wool 10%

50g 125m

どの糸も色がとってもきれいで、すっごく迷いました。

「くれよん」もありましたが、触った感じが好みだったのでコレを。

軽いですね~。

編んでいる途中、太くなったり細くなったり。

藁みたいなのも時々でてきたりして、手紡ぎって感じのする毛糸。

自然の世界:the world of nature だものね!

手紡ぎ、一度は挑戦したものの。

あまりにも太い、細いで毛糸と呼ぶには無理があるシロモノになってしまい

これは向いてないやと思ったけれど。

また、やってみようかなぁ。原毛あるし。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スペクトルモデム プリント de マフラー

Photo前にどなたかが編まれていて、試してみようと思ってた。

これ、ひと目ゴム編みで編んだだけなんですが

こんな模様が出現するんです。

ゲージを安定させないと、模様がちょっと崩れてしまうのですが

この糸、すごいなぁと思いながら編みました。

201 段染の糸ってイロイロありますけど

糸をデザインする時って、編地がこうなるってことを

計算されているのでしょうか?

すごいなぁ~

リッチモア スペクトルモデム(プリント)

毛100% 40g(80m) ×3玉

編み易い、毛糸らしい毛糸でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マッジョーレダリア de バラのマフラー

サクロモンテと同じ形状のテープヤーン。

VIMAR s.r.l. MAGGIORE DALIA

こちらは2色が並行に配色されてます。

Photo_2

編み図をいただいたので、またしても1玉で編めるマフラーを。

あららっ、これって編む前にアイロンかけなきゃならないの?

きっと仕上がりに影響するのだろうと、ちゃんと言うとおりにやってみました。

始めは調子よかったけど、どんどんヨレてきてエライことになりましたよ。

こんなことなら、バイアステープみたいに巻いててほしいなぁ。(-_-)

2個買って、まだまだ暑いからと油断していたら、急に寒くなってしまいました。

使う時期はもちろん、アイロンかけのことを考えたら一気に編んでしまわないと

また在庫になってしまいそうで、あわてて編みました。

194 №194 151_2

№151

かぎ針 6/0(3.5ミリ)

WOOL 50% ACRYLIC 50%

ちょっとだけ Hawaiian lei のようでもあります。

巻いた感じでは、サクロモンテ の方が若干があたたかいような気がしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふっふっふっ

こんなお土産いただきました。

Photo

「やっくんのビンボーくじで福が来た!」

ふっふっふっ、おみくじ、大吉でました♪

ピンク(リンゴの果肉)と白(つぶあん)のひとくちサイズのお饅頭。

味はなんといいますか。和洋折衷。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリフリマフラー、再び

昨年、1玉ずつ色違いで買ったサクロモンテ。

他の編み方も思い浮かばず、1玉しかないので

結局、1玉フリフリマフラーとなりました。

Photo puppy Sacro Monte col.1723

Photo_2

前回は作り目6目の1玉使いきりで、少しボリュームが気になったので

今回は5目、長さも控えめに。。

首元のポイントになる程度です。

Photo_3 秋色~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石と木

南小国町にある「押戸の石群」

すっごくわかりづらいです。ここにたどりつくのに何度あきらめかけたか。

石群が見えたときは、ホっとしました。

Dsc00323_3 Dsc00324_2

この中で1番大きい岩

Dsc00329_2 この岩にペトログリフが刻まれている(た)らしい。

Dsc00325_2 この筋のあたりに「神」を意味する文字があるとか。。

私には、さっぱりわかりませんでした。

コケや、雨だれでホゲたような窪みもあって、確かに古そうな岩でした。

溶岩が噴火でここに落ちたのではないかなぁと思いましたが

辺りを見渡しても、岩があるのはここだけ。

それはやっぱり不思議な風景でした。

Dsc00322_2 Dsc00334

丘からの眺めは最高!

天気がよかったら、もっと素晴らしい景色を見ることが出来たでしょう。

Dsc00333 丘に咲いていた花。

 

Dsc00335 Dsc00337

阿蘇市にある「国造神社」の入り口

紅葉が始まっていました。

Dsc00338_2 きれいな水が勢いよく。近くの山水のようです。

苔も美しい。ここで手を洗い、口をゆすいで参道へ。

Dsc00339 暗い参道の向こうに輝くように立っているのは

手野の大杉。

Dsc00340 こんなふうに祀ってありました。

「元 国指定天然記念物」

平成3年の台風19号で折れてしまって国指定が解除になったらしい。

それでも神様が宿っているような、立派な杉でした。

(神社はこの奥にあります)

今日のおみやげ

押戸の石群に行く途中、間違えた道で拾った山栗。

Dsc00346

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SOCK #11 jaywalker 2

この糸で編むのなら、どんな靴下がいいのだろう?

Regia

素直に編んでもカラフルなしましまの模様。

一度編んだことのある「jaywalker」にしてみました。

Photo

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだらの葉っぱ

こんな葉っぱもあるような。。。

まだら糸で葉っぱのアクリルタワシを編んでみました。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ落ち葉のシーズン

アクリルタワシをたくさん作ろうとハマってた頃がありました。

アクリルの毛糸も、ちょっとずつ残ってるんですよね~

かたちもイロイロですぐに出来るし、面白いのないかな~と

あちこち物色中に見つけた「葉っぱのアクリルタワシ」

ひと目ぼれです♪

かわいいです♪

今までのうちで一番いいと思いました。

このカタチが一番使い易いです。

Photo Photo_2

Photo_3

大きいの小さいのいろいろあっても楽しいけど

手のひらサイズが一番使い易いです。

私の場合、食器洗いよりダスキンみたいに棚を拭いたりするのに重宝しています。

結構、ホコリとれます。

葉脈のところ、畝編みという編み方です。これが効いてるのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »