« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

みどりの日

昨年採れた緑綿の実を袋に入れてそのままにしていた。

ずーっと気にはなっていたけど、そろそろ種まきのシーズン。

みどりの日だし、種を蒔くことにした。

Photo

袋から取り出した緑綿の実

Photo_2

そっと綿をほぐすと、ふわふわしっとりの軽い綿毛の中にコロっとした種の感触。

緑色が濃くなった部分に隠れています。

Photo_3

まず、ほわほわ綿毛を取り出します。ポコッと、結構まとまって外れました。

Photo_4

濃かったり、薄かったり、緑色もいろいろです。

Photo_5

同じほわほわでも、羊毛とはまた違う。

綿毛って触ってるんだか、触ってないんだか。

Photo_6

これが上の殻から採れた種たち。

1つの綿の実に10個くらい入ってた。

ほぐして取り出すのに、結構、時間かかったなぁ。

こんなに採れちゃったけど、一度にたくさん蒔けないしなぁ。

まだ袋の中には、たくさんの実が入ってる。(・_・)

綿毛は紡いで糸にしてみたいのだけど。。。

今日は種まきの日だから、まずは種まき。

Photo_7

効果があるのかないのかわからないけど、種を水に浸してみました。

昨年は5粒、直播きしましたが、今年は6粒、まずポットに蒔いてみることにします。

Photo_8

ポットに2粒ずつ。ちゃんと芽を出してくれるかな?

出してくれたら、広いところにお引越しだからね~。

ついでに葉っぱの種も蒔いてみました。みどりの日だから。

Dsc01463

食べられる葉っぱです。(^~^)

驚いたのは、これらの種のほとんどは、イタリア、ニュージーランド、オーストラリアなど

外国で生産されているということです。

この中で唯一国内生産は「熊本京菜」

お雑煮なんかで長く煮てもヨレヨレにならない。

柔らかくて、風味が良くておいしい、大好きな菜っ葉。

しかし熊本京菜でありながら、生産地は岐阜県となっている。

不思議な種の世界。

Dsc01464

発砲スチロールに6種類を袋の写真と同じ配置で蒔いてみました。

よせ植えみたいですね。

早く芽が出てこないかな~。

他に、小ねぎ、地きゅうり、にがうり など苗なども少しずつ植えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイリー ザゼンソウ

Photo

雄鶏社 1玉で編めるレース編み 2 より 

デザイン:志田 ひとみ

糸:不明 レース糸 #30くらい? 白

針:クロバー ゴールド レース針 8号

27cm×27cm

パイナップル編みのモチーフつなぎで構成された面白いデザイン。

Photo_2

モチーフつなぎは、途中で糸を切ったりつないだり糸始末もありで、

面倒くさいからあまり好きではないのだけど、デザインに惹かれて。

パイナップル編みはパイナップルに似てるからついた名前なんだろうけど、

私にはどうしてもイチゴに見える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新緑の頃

Photo

雄鶏社 1玉で編めるレース編み より 「新緑の頃」 

デザイン:林 和子

糸:ダルマレース糸 #40 ベージュ

針:クロバー ゴールド レース針 8号

φ36cm

葉っぱとお花のバランスが素敵なデザイン。

Photo_2

レース糸もまだ未使用の状態で、いくつか家にありました。

レース糸って細い。レース針も金属とはいえ折れそうなくらい細い。

Photo_4

中心から編んでいくドイリーは、当たり前だけど外側にいくほど1周が長い。

うっかりして花びらを1枚とばしたりして、あとちょっとというところで編み直しの繰り返し。

かぎ針の小物は、外出時何か編みたいなと思った時のために。

そんなにかさばらないので、ポイっと気軽にバッグに入れてってことが多い。

でも、このドイリーは編み図を見ながらでないと、ついうっかりをやらかしてしまう。

(私の場合です。)

バッグには入れていたけど、結局のところ全部、家で編みました。

お外も新緑の頃です。

これ、ヒノキです。(たぶん)

花だか実だか何だかわからないけど、初めて見ました。

Photo_5

こんぺいとうみたい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作りメンマ de アベックラーメン

桜も散ってすっかり春の陽気。

毎年、この頃になると庭のどこからか頭を出すタケノコ。

お隣が竹林なので、おこぼれを頂戴するわけです。

春は掘りたての筍を味わえてありがたいのだけど。

ちょっと油断すると、あっという間に伸びてしまうので掘るのが忙しい。

体力ないので大変なのです。足腰にくるのです。

夏は影を作って涼しいけど、蚊が多い。

竹の葉が落ちる頃は、庭は笹の葉だらけになる。

これが肥料になってくれればいいのだけど、腐葉土にはならない。

背が高いので、冬場の日照時間に影響する。

何より、竹の根っこが庭のあちこちに走っているので

花木を植えたりするのに、邪魔なわけで。。。とっても、やっかいもの!

百年に一度、花が咲いて枯れてしまうらしいが見たことはない。

見てみたい。枯れてみてほしい。

Dsc01387_2 

(普通は竹の根まではとりません)

掘った筍は、ダシで煮て食べることが多いけど、今年はちょっと違う食べ方をしたい。

天ぷらにしてみようかと思ったけど、下のほうのちょっと固めのところ。

これでメンマを作ってみることにしました。

で、まずは茹でた筍を、切って・塩して・天日干し。

  Dsc01394_3

最近、お天気が良くて空気もとっても乾燥してるから、よぉーっく乾きました。

Dsc01395

せっかく乾燥したけど、水でもどします。

Dsc01396

調味料はこんなものでしょうか?

・瑞鷹(ずいよう) 東肥の赤酒

 これ良く使います。お酒やみりんのかわりにもなるし、お屠蘇もこれです。

・ホシサン うすくちしょうゆ

・ヤマア うまくちしょうゆ

 これらは愛用している地元の商品。

・九鬼 七胡麻油

・砂糖

・youki ガラスープ (これ、お気に入り)

・とうがらし

・S&B ラー油(胡麻油と唐辛子だから、いらないと言えばいらない)

Dsc01398

胡麻油で炒めて、調味料をヒタヒタに入れて煮ます。

(味を見ながら適当に。)

それで、メンマといったらラーメン!

ここでまた、ローカル食品登場。

Dsc01400

ぢゃーん!五木食品のアベックラーメン

チキンラーメンと同じくらい、昔っからあるインスタントラーメン。

たまーーーーに食べたくなる。あっさり味。

Dsc01402

作ったメンマをのせて、

それだけじゃ寂しいので、家にあるものを適当にのせて、

ビールと一緒にいただきまっす♪

ちょっとシャキっとした食感のメンマになりました。味はメンマ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »