« こんにちは。ふたばちゃん♪ | トップページ | 大分 富貴寺 »

大分 宇佐神宮

八幡宮の総本宮という、大分の宇佐神宮へ行って来ました。

Dsc01536

長い参道。鳥居があんなに遠くに。

Dsc01539

鳥居にたどり着きました。

Dsc01541

Dsc01540

鳥居をくぐります。

青い空に鳥居の朱色と緑が映えてきれいです。

Dsc01544

鳥居をくぐり抜けて、右手に赤い橋が見えてきました。

奥行きがありますねぇ。

Dsc01546

赤い橋を渡りますよ。

でっかい鯉がたくさん泳いでいました。

(餌の食べすぎですよ。)

Dsc01547

橋を渡ると、前方にまた大きな鳥居。

うーん、すごい奥行き。

Dsc01548

2つ目の鳥居に近づきました。

このあたりで、顔のまわりを小さな虫が飛び交ってついてくるので

手で振り払いながら歩きました。

(バタバタ暴れていたわけではありません。)

Dsc01549

鳥居を抜けしばらくすると、右手に宝物館。

(あの中にお宝が。。。)

シロツメクサの花がたくさん咲いてました。

Dsc01550_2

手を清めて、奥に進んだところにある小さな社。

Dsc01551

小さな社の前を通り過ぎると、また鳥居!

えっ?本殿はまだ先ですかっ?

Dsc01552

あー、どうやらこの次の鳥居をくぐれば本殿のようです。

Dsc01555

境内の中です。おみくじがびっしり。

Dsc01557

国宝の本殿

Dsc01556

Dsc01560

パン、パン、パン、パンッ

Dsc01558

Dsc01559

神殿が三つ並んでいるというのも珍しい。

Dsc01563

Dsc01562

この後、下宮~宝物館へ

Dsc01565_2

Dsc01568

鎌倉時代の舞楽面

Dsc01567

お面がズラリ。(ちょっとコワイ)

Dsc01569   Dsc01570

Dsc01571_2

国宝 孔雀文磬(くじゃくもんけい) =鎌倉時代=

表面に、蓮を真ん中にして立っている孔雀の文が見られます。

磬というのは中国から伝わった打楽器のひとつで、

磬架というものに架けて仏事に用いるらしい。

どんな音がするのでしょう?

Dsc01573

宝物館の中から

蓮池の花が咲く頃に行くと、またいいでしょうね。

Dsc01661

ここの蓮池から採れた蓮の実を分けていただきました。

とにかく歩いた、歩いた。

|

« こんにちは。ふたばちゃん♪ | トップページ | 大分 富貴寺 »

ちょっとおでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148766/45033165

この記事へのトラックバック一覧です: 大分 宇佐神宮:

« こんにちは。ふたばちゃん♪ | トップページ | 大分 富貴寺 »