« 少しずつ | トップページ | 京菜の収穫 »

中国地方の皆さん、こんにちは

お休みを利用しまして、中国地方へ行ってまいりました。

(Chinaではありませんよ。日本国の山陽・山陰地方です。)

新幹線で本州に上陸しまして

まずは山口県の皆さん、こんにちは。

Photo

工場が並ぶ工業地帯 下関を過ぎたあたりだったと思う。

下関といえばフグが有名ですが、かまぼこもおいしいですよね。

                                                     

広島県の皆さん、こんにちは。

Photo_2

広島駅で停車中、車窓からみえたのは広島城でしょうか?

杓文字のお弁当やお好み焼き、おいしかったですよ。

ごちそうさまでした。

                                                     

岡山県の皆さん、こんにちは。

紅葉のお出迎え、嬉しくなりました。

Photo_3

日本三大庭園「後楽園」の紅葉

Photo_4

園内から見える岡山城

いやぁ、これは広いお庭です。

Photo_5

延養亭

立派な藁葺屋根の日本家屋

ここからお庭を眺める。贅沢ですなぁ。

芝生で寝転びたい。

Photo_6

庭園の中に、田んぼが。

畔がこれまた美しい。

何故かホっとします。気に入りました。

Photo_7

園内の築山「唯心山」からの眺め

池の水がとてもきれいでした。

Photo_8

蘇鉄畑

ここは亜熱帯だろうかと思ってしまうほど良く育っていました。

畑というよりも、森のようです。

このあと、茶屋で一休み。

庭を眺めながら、お抹茶と黍団子。

いやぁ、贅沢ですなぁ。

                                                     

岡山名物「祭ずし」 いただきましたよ。

Photo_9

Photo_10

これも、おいしかったです。

中に入っていた「ままかり」は、お土産にも買いました。

岡山の街はとてもきれいな印象を受けました。

                                                    

標識でいつもと違うところに来ているんだと改めて感じる。

この道は京都に繋がってるんだなぁと思いつつ

Dsc02245

右へ曲がる。                                              

鳥取県の皆さん、こんにちは。

Photo_11

鳥取大砂丘

さらさらの砂に埋もれながら、砂の山を登りましたよ。

午後になっていたので風紋は見られませんでしたが

素晴らしい景観でした。

Photo_12

大山

山頂に雲がかかっていました。

裾野の紅葉から遠く大山までの色の変化が

なんともいえない景色でした。

                                                     

島根県の皆さん、こんにちは。

Photo_13

足立さんが「見よ!」とおっしゃるので

Photo_14

足立美術館 日本庭園

山を借景に素晴らしい庭園が広がっていました。

本当は大山をこの風景におさめたかったということですが

地元の人々に庭を楽しんでもらいたいとこの地に造ったそうで

いやぁ、なかなかのお人ではありませんか。

「横山大観」の絵、「魯山人」の器なども展示されており

見どころ満載の美術館でした。

                                                    

Photo_6

中国地方を走っていると、赤い屋根の家が多く見られました。

その中でも特に島根では

家の北西側に「築地松」という高い垣根があるのが印象的でした。

                                                 

Photo_15

宍道湖

ご機嫌ななめのお天気でしたが

ここがシジミで有名な、宍道湖でございます。

シジミの味噌汁、おいしくいただきました。

そして

Okinosima

右手の小さな島(オキノシマ)から

ウサギがワニ(サメ説もある)を並ばせ、

その背中を跳んで渡った(渡り損ねた)という

神話でおなじみ、因幡の白うさぎの舞台です。

Photo

言わなくてもいいのに、一言多かったために皮を剥がれて

まさに痛い目にあったうさぎを助けたのは、やさしい「大国主命」

が大黒様とは知りませんでした。

はい、出雲大社にやってまいりました。

Photo_2

神楽殿

うわぁ、なんて大きな注連縄!

近くに寄ってみましょう。

Photo_3

どれだけの藁なんでしょう。しっかりと下がっています。

注連縄に向かって一生懸命お金を放り投げてる方がいらっしゃいました。

いくつかぬかっていましたけども、お賽銭ですか?

もっと、近くに寄ってみましょう。

Photo_4

「神光満殿」

神様の光に満ちているんでしょうか?

ありがたい、ありがたい。

この額の後ろなんですが、

何やらステンドグラスのようなものが見えて気になりました。

教会も兼ねているのでしょうか?

八百万の神様がお集まりになるところ。

イエス様もおいでになるのでしょうか?

Photo_5

本殿は60年ぶりの修復「平成の大遷宮」ということで

その姿を見ることが出来ず残念でしたが

この日、旧暦の「神在月」にギリギリセーフで

たくさんの神様がいらっしゃったのです。

お参りすることが出来て良かったです。

|

« 少しずつ | トップページ | 京菜の収穫 »

ちょっとおでかけ」カテゴリの記事

コメント

いらっしゃいませ中国地方へ!桃太郎の国の住人です^^
祭ずし気に入ってもらえて良かった!郷土料理で、お祝い事や、春秋のお祭りの時にうちでも作ります。具材が多いので用意が少々面倒臭いのですが各家に伝わる母の味ですね。
色々回られましたね!画像からすごく充実された旅の様子が伝わってきましたよ~♪

投稿: hiron | 2010/11/24 09:07

なんと!
hironさんは桃太郎のお国の人でしたか!
黍団子もしっかりいただきましたよ。
先日はどうも、お邪魔いたしました。
祭りずしは郷土料理なんですね。
手が混んでる分、胃袋も満たされ郷土を想う気持ちも深まりますね。
おいしかったです~♪

温泉もたくさんあって心惹かれました。
次に訪れるときは、ゆっくりとつかりたいなぁ。(*^_^*)

投稿: ☆yuki | 2010/11/24 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少しずつ | トップページ | 京菜の収穫 »