« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

cast on

うーーーーっ、これだ! 久々の感触♪

Alpaca_vgnette_4

cast on 24 

手慣らしに このくらいから

| | コメント (0)

ぷら~~っと

連休最終日 

昨日のどよよ~んcloudとしたお天気とはうってかわって

清々しい イイお天気sun

もう年内にお出かけできないかもしれないので

ぷら~~~っと

阿蘇方面へ

途中、一瞬視界にはいった白い景色

なんとー!!

雲海じゃないですか!

Photo

うっすらと見えるギザギザの山は

阿蘇五岳のひとつ 根子岳(=^・^=)

(涅槃像の頭とも)

雲の下には今年水害に遭った阿蘇の町が

元気を取り戻している。

Photo_2

10時半をまわった頃だったけど

雲海を見るのは初めてで 嬉しかった。

これこそ本当の雲上人だ!   だはっ(*^_^*)

 

気を良くした雲上人は、もう少し足を延ばして

小国町のほうへ ぶら~~~っと

こんな立派な古民家が目に止まりまして

Photo_6

近づいてみると

SAKAMOTO ZENZO MUSEUM OF ART

小国町出身の抽象画家 坂本善三さんの美術館でありました。

畳敷きの美術館というのもいいじゃないですか~  

 

 

そして駐車場には こんなかわいい手作りの案内板

Photo_3

小学校卒業記念って書いてありました。

名所のそれぞれが木で作ってあります。                                     

素朴な感じがいいですね。

この中に

生茶のCMロケで松島奈々子さんも来たという

鍋ケ滝があるんですよ。

はい、行ってきました。 これです!

Photo_4

滝の裏側にも行けるんですよ。

Photo_8

レースのカーテンみたい♪

Photo_9

真冬には つららの滝が見られるかも 

 

 

そして

小腹がすいた雲上人は 南小国町のそば街道へ

Photo_10

吾亦紅さんです。

そばもさることながら 葛きりのデザートも美味しくて

満足、満足♪

満腹になった雲上人は

次は温泉じゃと 勢力的にかけまわり

温泉で体をあたためた後

よきかな

と満足げに下界へ降りていったのでした。

 

Photo_12


紅葉も見納めかな maple   

| | コメント (4)

Chieti

毛糸を買ってから随分たちました。

 

1玉の糸長もあって、軽くてあったか。

色の出方が面白く、編み方によって模様も変わる。

ループに針がひっかかるけど

ポコポコとした編地で 結構ごまかしのきく毛糸

かなりお気に入りのChieti

Photo


編地にひかれて編みたいと思っていたコレ

Photo

糸はChieti!                                                

 

お花畑のようなこの編地

Photo_2

かぎ針で編み進んでいるうちに出来てくるダイヤ模様が素敵♪


廃番になってしまうと知り

これは大変と買い込んだのは3年くらい前になるかな。

編み始めて 毛糸がなんとなく足りなくなりそうな予感

廃番だから 色番が一緒ならLOTなんてもうどうでもいいやと

買い足したり

Photo_3

見頃を縦に編んでいくのも面白かったな。

 

まぁ。。。それから、いろいろなことがありました。

あったんだよなぁ

 

そのたびに中断

暑い夏にはその気がおこらず

編みかけのまま時がたちました。

 

気にはなっていたけども。。。。。のパターン

時間がたてば手も変わる。

ゲージってものがあるんだけどなぁ。。。。。。

 

ま、そこはChieti 

 

ついにパーツも編み上げ

後は綴じて、ボタンつけりゃ~

 

あ、ボタン。。。(-.-)

 

また。。。

 

いいのです。いいのです。

また毛糸を手にとる心の余裕ができたということです。

 

Photo_2

30mmの変形ボタン

なかなかコレってのがなかったんだけど

このボタン、留めやすい!

編地が結構スカスカなので ボタンホールなしで好きなところに

ってところも私向き!!

 

そんなこんなで

長い編み路も ついに終わりの時を迎えました。                          

 

完成です。

20121123

yarn:Pappy Chieti  col.612

needle:clover ゴールド  8/0 (5ミリ)

pattern:世界の編物 2007-2008 AUTUMN & WINTER より

Photo_3

| | コメント (6)

ずっと前から

ずーーっと前から思っていたんだけどね。 

見るたびに思うんだけど

Dsc03978

やっぱり、カエル だよな

 

どした?

今日は口が半開きだよ

| | コメント (8)

跡地に

夏野菜の跡地を整地しようとしておるところに

たちはだかるこの草

Photo_2


年々、勢力を拡大してきておるのです。

きれいなようで そうでもないようで よくわからない この草

葉っぱがスベリヒユに似てるなぁ

なんて思って調べましたら

「爆蘭」 はぜらん

というのですね。

そんなに危ない草だったのか~impact

 

別名

花火草 ( うんうん、線香花火のようでもあるね )

三時草 ( 三時過ぎに花が開くらしい )

こっちの名前の方が可愛らしいと思うけど

やっぱり 爆蘭 が一番しっくりくるのかな?                             

 

Photo_3

こうしてみると なかなか Art ではございませんか                         

ね?

 

それでもね

勢力を阻止しないと 大変なことになりますからね                          

 

撤去に挑みましたんですが

慎重にやらないと 根元でポキっと いっちゃうのです。

これでは、また息をふきかえしてくる可能性があるわけで

不発弾を残しておいては やはり危険なのであります。

 

というわけでございまして

 

撤去作業は無事に終わり

跡地は 玉ねぎと京菜の住居となりました。

 

久々の肉体労働で 太腿が プルプルsign04

| | コメント (6)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »