はじめまして

モノレールの車窓から fuji 富士山が!

はじめまして 富士山

Dsc_0763

自分の目で富士山を見るのは初めてだったので

シルエットでも、かなり感動した。嬉しい!

やっぱり富士山っていいなぁ (o^-^o)

東京出張

ちょっと憂鬱な気分でいたけれど

富士山が見られただけでも来たかいがあった。

浜松町から地上に出ると、すっかり暗くなっていた。

ふと見ると

うぉー、

これまた、はじめまして 東京タワー!

Dsc_0765_2

スカイツリーもいいけど

やっぱり東京タワーが好きだなぁ

さて、

何が憂鬱な気分にさせていたかといえば

仕事だからということもあるのだけど

目的地に無事にたどり着けるかが第一関門

地下鉄が苦手なんだよ。。。

潜ってしまうと、まず方角がわからない。

どの路線で、どの駅で乗って、どの駅で降りるか

きっぷ買うとこから、改札やら、出入口やら

列車がきても、こっち向きで間違いないだろうかとか

いろんなことで、とーーーーーっても不安になる。

今回は同行者もいて

なんとか目的地に無事到着したので、お食事へ。

寒いし、地理がよくわからんので

すぐに戻れる近くの居酒屋さんへ入り込んだ。

Dsc_0767_2

「滝川豆腐」 これが美味かった!

運ばれてきた細長いお豆腐が、お箸でパラパラっとほぐれてしまった。

お豆腐なのに、まるでそうめん。

豆腐?そうめんだよね?

何度も言うのでお店の人が

「ところてんのように押し出す。これを使ってつくるんだよ」

と、道具を見せてくれた。

このお店にきてよかった!

どよよ~~~んな仕事は一応終了。

最終日だから、ちょっとだけ足を延ばしてみようと

やってきましたのは

Dsc_0775

月島 もんじゃすとりーと

はじめまして もんじゃ焼き

定番という 「もち・めんたいこ・ちーず」

お店の人に作っていただきましたよ。

割り箸は置いてないのね。

ちっこい「はがし」で食べるとこも楽しい。

お好み焼きよりも どっかりこなくていい!

また食べたい。これは自分でまた焼きたい。

Dsc_0778

もんじゃすとりーとを歩いていると

22:00まで営業しているというパン屋さん

おいしそうないい香りが呼んでいるので

焼き立てメロンパンを買ってしまった。

noteメロンは入ってない って歌が流れてたような。。。

で、せっかくだから近くまで行ってみようと

Dsc_0781

うぉー、高いのぉ~ 

はじめまして スカイツリー

え?この時間でも入れるの?

んじゃぁ、せっかくなので

Dsc_0794


Dsc_0784

昼間だとまた違うんだろうなぁ

Dsc_0808

帰りの飛行機から運よく富士山が

おー、近づいてる、近づいてる。

Dsc_0811_2

さよなら 富士山 お元気でねpaper

| | コメント (8)

サトさん

おでかけして

おもしろい人に出会ってしまいました。

久しぶりの一目ぼれ。

お家に連れ帰ってきてしまいました。

背中にゼッケンをつけておられます。

Photo

サトさん。。。。

男性かとおもったら女性のようです。

Photo_2

石川県の陶芸作家 スズキ サト さんの 「腹筋女子」

箸置きなのです。

よく見ると 結構、ハードな体制だと思うんですよ。

腹筋中ですからね。 

箸を置いての腹筋は、ハードさが増します。

それでも彼女は動じません。

立派です。

でも、なんか笑える。

寝てるようにしか見えない。    

それが彼女のスゴイところ。 

 

| | コメント (6)

頭がいっぱい

57号線沿い 大分県  道の駅「すごう」に立ち寄ったところ

詰め放題のテントが設営されておりましてね

ふらふらっと近づくと 

見目麗しい人参のいい香りがするんですよ

それでね

Dsc04353_3

詰めました。

これが

こうなりました。

Dsc04354

人参 1袋 ¥200 (12本入り)

 
大体、3本入りで¥100だから、かなりお得 (* ̄ー ̄*)

Dsc04355

ぴかぴかピーマンも 1袋 ¥200 

 

こんなのも目に止まりましてね

伝統健康保存食 「味噌玉」

Dsc04351

ダシとなる かつお・いりこを味噌にまるめこんで

一食分 玉にしてあるんですね。

これをお椀にいれてお湯で溶かすと味噌汁ですよ♪

元祖 インスタントみそ汁 ですね

これ、面白いなぁ

 

さて道の駅を出まして

この57号線をさらにまっすぐ走ると

岡城入り口の交差点に緑の建物

噂の 「味処 天神丸福」が!

駐車場もいっぱい。店の前にも行列

あきらめようと思ったけど せっかくなのでお持ち帰りにチャレンジ

「とり天」を買うことができました。good                                 

 

本来の目的は

豊後大野市 用作(ゆうじゃく)公園の紅葉

Dsc04345

Dsc04346

Dsc04349

駐車場まで200mのところで進まなくなりまして

公園までの200mが長い事、長い事

駐車場も入場料も無料ですが

足の不自由な人は、ちょっと大変かも。。。

 

本来の目的よりも

なぜか食べ物のことで頭がいっぱいになった一日でありまして

やっぱり

花よりだんごってことですかね c(>ω<)ゞ

| | コメント (4)

いい子だねぇ~

今日のおでかけは 岩合光昭写真展 ねこ 

Photo

展示された写真がポストカードで販売されてたので

気に入った2枚を買ってきました。

表情がいいですね。

最高の瞬間を捉えた素敵な写真がたくさんありました。

モデルさんも粒ぞろいです。

岩合さんを知ったのは

お花畑から しろくまが顔を出してる

まるでメルヘンの世界♪のような写真がきっかけ。

岩合さんの写真の動物たちは

人間のように話しかけてくるような気がしました。

きっと 何か 話しかけてると思います。

イイ子だねぇ~

岩合さんの声も聞こえてくるようでした。

 

犬や猫なら身近な動物で自分でも撮れそうな気がするんだけども

動物って結構動くんだな。

ジッとしてないし、こんなふうにはなかなか撮れない。

その代表作がコレ 

Photo_2

犬の頭部です。(-"-)

この犬、とってもおとなしかったんですが

カメラをかまえたら みるみる足元に...

タイミングが難しいです。

写真って瞬間なんです。

にしても... 下手すぎる~(>_<) 

| | コメント (6)

三加和温泉

Dsc_0224_2

玄関前にバスbusが停まる!

Dsc_0227

spa温泉はこうでなくちゃspa

 とろっとした湯です。

 

 

 熊本県玉名郡和水町大田黒768-1

 入浴料 400円 (大人1名)                                                    

| | コメント (6)

咲いてました✿

Dsc_0223

| | コメント (10)

ミリオンセラー

福岡出張の時に行ってみようと思っていたお店

福岡市煉瓦博物館の裏手に鳥居がありまして

その参道のような路地を水鏡天満宮横丁

またの名を博多名物うまかもん通りというのだそうです。

その路地を歩いていきますとね

食欲をそそる香ばしい匂いがして、目的のお店が見えてまいります。

お昼時だったので、既にお店の前には行列ができてましたが

回転が早そうだったので待ってみました。

 

ココです!

Photo

「真」

鯖ひとすじ40年 

おかげさまで100万枚突破 200万枚を目指します。

鯖だけで100万枚って!!

お昼のメニューは1種類のみ。

だから、席に座ったら運ばれてくるのを待つだけ!

こーゆーの好きです!

Photo_2

fish 鯖の一枚焼き定食 restaurant

味噌汁・御飯・お漬物・冷奴がついて800円

美味しそうに焼かれた大きな鯖がデーーーン

脂がのって、とってもジューシー♪

ふぅ~、お腹いっぱい。 美味かったです~good

 

この通りには

焼き鳥やさん、カレー屋さん、ラーメン屋さん、いろいろあるみたいです。

お腹がすいたら、おすすめ。

| | コメント (10)

昼と夜

日中の気温30℃、まだまだ暑いお彼岸

お墓参りに行ってきました。                                                   

Photo

Photo_2

| | コメント (4)

涼を求めて

梅雨入りとなり、蒸し暑い日が数日続きました。

お天気はまた崩れそうな雰囲気ではありますが

涼を求めて出かけてまいりましたのは

鮎漁も解禁、営業開始の「やな場」でございます。

今から約400年前

当時の肥後藩主・細川忠利が水田用水を調節するための堰を作り

その堰の近くに泳ぐ鮎を獲れないものかと、この簗を造ったという。

Dsc_0124

この簗にピチピチと跳ねる鮎を獲るわけですね。

水の音がいいですね♪

Dsc_0126

 鮎の南蛮 お刺身 うるか お吸い物

Dsc_0128_5
 

 塩焼き 味噌焼き

 鮎は塩焼きが一番と思っていたが、この味噌焼きも美味しかった♪

Dsc_0129

 鮎御飯 おそうめん

 このおそうめん、コシが強くてなかなか美味しい♪

Dsc_0131

 清流の上のお座敷で鮎尽くし

 静かな景色の中、 ゆっくりとした時間を過ごせました。

 

 営業期間:6月1日から11月4日まで

 営業時間:11:00~20:30(日曜20:00まで)

 定休日:毎月第1・3水曜日

 電話番号: 096-234-0125

 

 「甲佐町やな場」 からでした。

| | コメント (16)

万田抗

九州・山口の近代化産業遺産群のひとつ 

エネルギー資源が石炭から石油へ変わり、その役割を終えた。         

Dsc03452

三井石炭鉱業三池炭鉱 万田抗

1951(昭和26)年 閉抗

閉抗後、1997年三池炭鉱閉山まで坑内の排水の為の役割を担っていた。 

 

Dsc03462

第2竪坑櫓 

1908年 竣工  地上18.9m

地下264mという地底との間を

つるべ式の2台のケージ(エレベータ)が昇降していた。

石炭採掘の工員と資材を乗せ

3mを超える滑車が忙しく回っていた時期があったんだな。

(揚炭用は第1竪抗)

レンガ造りの第2竪坑巻揚室

Dsc03457

Dsc03461_4

レンガは強度の高いイギリス積み

Dsc03472

巨大な歯車

(チャップリンが出てきそう)

Dsc03468

ケージの乗り口から見上げた櫓

Dsc03467_2

鐘とベルで巻揚室や抗底と連絡を取っていた信号所

Dsc03469_3

水筒を持ち、この前を通過して、

定員25人のケージに乗り込む。

ここから1分で暗い地底へ到達

落ちていく感じだろうな。

無事に地上に戻れるのか。

命がけだ。

Dsc03465

4人で、このトロッコいっぱいに石炭を積んで運ぶ。

炭券という札を渡すとお金がもらえた。

(当時、4人で1万円)

Dsc03459

トロッコに乗った石炭は、三池炭鉱専用鉄道で三池港へ

石炭が黒ダイヤと呼ばれた時代

♪炭坑節

 月が出た出た 月が出た  (ヨイヨイ)
 三池炭鉱の 上に出た
 あんまり煙突が高いので
 さぞやお月さん 煙たかろ  (サノヨイヨイ)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧