スピンドル

洗ってそのままの羊の原毛。あれから1年たちました。

つむいで毛糸にしたいという憧れの気持ちもそのまま。

道具もないので、手作りで。

ハガキをまるく切って竹串に突き刺しただけのナンチャッテスピンドル。

一応くるくると回るから、やってみよう。

080505

とりあえず、ひとつかみの原毛で

やり方もよくわかりませんが

とにかく回してみた。

080505_2

おー、こうして見ると糸に見えます。 

ボコっと膨らんだり、縫い糸みたいに細くなったり、

ファンシーヤーンに見えないこともないなぁ。

天下の野呂糸様だって、こんな感じだったぞ!

080505_3

うはは、かわいい~♪

ちなみに、この毛糸玉は手の中に収まってしまうチビ玉(3g)です。

もっと練習して上手になりたいなぁ~。

そして、いつかは、自分で紡いだ毛糸で何か編みたいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカード?

洗い上がった(といえるかどうかはわかりませんが)

陰干し中の羊毛です。Dsc00200

まだ、牧草が絡まってるみたいですが

だいぶ、色白になりました。

お湯を洗面所から庭の奥深くへ運ぶのも

すすぎの水を捨てるのも、重労働でした。が

なによりもニオイが。。。

田舎の香水という感じではなく、ホントに動物園のニオイです。

これには参った!

まだまだ、これから先にいくつもの工程があります。

果たして本当に毛糸になるのでしょうか?

毛糸までいきつけるのでしょうか?

今日はタケノコ掘ったりしたし、

日頃使わない筋肉を使ってグッタリ、

ニオイでゲンナリです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グリージー(>_<)

スピンドルをやってみたいと思って、羊毛の種類なんかにも興味を持ち始めた矢先、

原毛が手に入っちゃいました。

せっかくなので毛糸をつくってみようかと思います。

九州東海大学の農学部の実習で毎年行われる羊の毛刈り。

カットした原毛を分けていただけるということで、いただいてまいりましたのがこの袋。

Dsc00187 飼料の袋に1頭分。(フリース)

羊はサフォーク種-SUFFOLK-

肉用品種

体は白くて顔と足が黒い、ガングロ羊です。 

中を覗いてみると、ふんわ。。。。。

いや、そこには刈ったままのゴミや汚れまみれのグリージー!

Dsc00188 1頭でこんなもん?意外に少ない?

 う。。。。くちゃい!

藁に泥、汗に脂におしっこにうん○、混じってますからね~

お風呂に入ってませんからね~

そりゃあ、くちゃいです。(>_<)

なんだか一気に意気消沈です。

まずは洗わないといけませんからね~。えらいことになってしもぅた。

とりあえず、袋から取り出して広げてみました。

Dsc00189 ぎゅうってなってたもんね。

こうして広げてみると 結構、入ってます。

あぅぅうう、ニオイが。。。

まずは、これを洗うんだよね。(+_+)

これは、お外でやんないと大変だ!

一度には無理なので300gだけ洗うことにして、残りは元の袋へ。

少しずつのほうが失敗しないらしい。

Dsc00191_1 

汚れ込みで300g

Dsc00192 洗濯ネットに詰め込み

Dsc00194 庭の奥深く、

洗剤をとかしたお湯の入ったタライへ

ネットを沈めました。

奥深いところですから、お湯を運ぶのも大変です。

ネットを沈めた瞬間にお湯の色がサッと変わりました!

一瞬で泥色です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)