お花

花束を生けてみました

Dsc03142


桜・ガーベラ・カーネーション・トルコキキョウ・マーガレット・ホタルブクロ・スイトピー

他 名前のわからない白い花・葉っぱ付きの枝

| | コメント (6)

3月のいけばな

080316_1602 まわるかたち

カーネーション タマシダ ウイキョウ スイトピー

で最初は生けていたものに なんとなくスカスカ感があるので

次週の取り合わせの チューリップ アルストロメリア カスミソウ をプラスしました。

080330_1619 ひらくかたち

コデマリ レンギョウ チューリップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月のいけばな

080202_1314 アマリリス・カーネーション・菜の花

色彩様式

直立型

080202_1101 七宝の置き方

剣山より七宝の方が茎を痛めずにお花のためにはいいのだけれど

なかなか思うように止まらず難しい。

穴をうまく利用するといいのですが、茎が細すぎると詰め物をしてあげたり

切り口の角度を当たり面に合わせて切るとか、頭を使わなくてはいけません。

アマリリスの花茎は、葉っぱの中央からではなく外側からニューっとのびてきますが

ここでは見映え優先なので、葉っぱは茎を包み込むように挿しています。

菜の花は時間がたってくると、どんなに斜めに挿していても

頭はいつのまにかまっすぐ天井を向いています。

姿勢のいいお花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンギョウ・タマシダ・バラ

Photo_12 タマシダとバラの葉が同じ色なので

タマシダの姿を見せるように。

でも、あまり目立たない。。。

レンギョウの黄色がやさしい雰囲気です。

Photo_13 サイネリア

花の少ない季節、鮮やかでパァーっと明るくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo_2 夏に先生から譲り受けたシャコバサボテン

花が開きだしました。

最初は真っ白だったのが、日を追うごとにピンクに変化しています。

透き通ったような花の色がとてもきれいです。

Photo_3 しだれ柳(銀)・小松・シンビジュウム

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いけばな・秋

Photo 旭ハラン・晒しシダ・アンスリウム

Photo_2 蔓・ドラセナ・玉菊

Photo_3( 余った花材でもういっちょ。)

ドラセナ・玉菊・デンファレ

Photo_4 ハンノキ(ヤシャブシ)・キク・ブルーファンタジア

Photo_5 クロモジ・バラ・ゴッドセフィアーナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンパスグラス・ドラセナ・トルコキキョウ

Photo

余った花材でもうひとつ。

コンポートに生けてみました。

0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷たいお水を

Photo_2 ドラセナ・インディアナ バラ ルリタマアザミ

Photo_3 パンパスグラス トルコキキョウ ドラセナ・インディアナ

Photo_4 風船唐綿 グロリオサ クッカバラ

水が温くなりやすい季節。こんな時は氷をいれてあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晒し蔓・グロリオサ・ドラセナ

Photo_49

晒し蔓は水で湿らせて柔らかくしてから、かたちをつくってあげないと

ポッキンと折れてしまうので扱いには気をつけましょう。

赤と黄色で「かがりび」のようなグロリオサ。

葉っぱの先端はクルンと蔓状になっているので

うっかりすると思いもよらないところに巻きついてしまいます。

これまた要注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツツジ・スカシユリ・シャガ

今週の花材は ツツジ・スカシユリ・シャガ

赤い蕾がいっぱいのツツジ。

それにまっ黄っ黄のスカシユリ。

かなりドギツイ色合わせだと思いましたが、生けてみるとそうでもないかも。

20070415

シャガの葉っぱはユリの葉と質感も色も似ていて

入れてみても、あまり効かない。

ツツジとユリの2種で生けました。

余ってしまったシャガの葉っぱでもうひとつ。

20070414

余ったツツジで彩りを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)