pojagi ~フェッテポー タペストリー~

3 

フェッテポー タペストリー

   --- FELISSIMO KIT ---

 布:ノバン

   

  

  

  

  

 

 

四隅の飾り布で雰囲気がガラリと変わります。

デザイン線を折山にして、際をぐし縫いにする「花紋縫い」がポイント。

刺繍といっていいのか?面白い技法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファスナーくるくるminiポーチ

  Dsc00834_2

  トーカイのキット 

  「 ファスナーくるくるminiポーチ」

  

  

 

             

 

ファスナーとテープだけで、どういう仕組になっているのか?

頭がグルグル。(>_<)

考えてもわからないので、作ってみました。

見本ではピラミッドのかたち。

最初につくった青いワンちゃんポーチは、ヨコに長い平ポーチになってしまった。

赤いソーイング柄は、たて長の平ポーチ。

この中では、イチゴ柄のが一番近い。

それにしても、こんなにカタチが変わるなんて!

説明書のとおりに作っても、このとおり!

同じ寸法で同じ作り方なんだけど、微妙な差が影響してるのでしょう。

テープを折り返す位置がずれてるとか、(ちゃんと計った!つもりなんだけどな)

折り返し方とか。。。

同じかたちに作ってと言われても、理屈がわからないので。。。

ピラミッドになったら当り~!って、私にとってはギャンブルっぽい。

きっと、数学的な問題なんだな。

追求する頭がないので、 誰か教えて下さい。

Dsc00827

       

 ファスナーとテープを縫い付けたところ

 これを、とじていくとポーチになるのです。

 

 

 

 

Dsc00828_2

      

 ファスナーくるくる開始!           

                  

 

        

 

Dsc00829

  

くるくる。

  

 

 

Dsc00830  

 くるくる。くるくる。

 お、三角っぽくなりそうな雰囲気。 

    

 

Dsc00831_2

   

 ん?

 なんだか、これも平たくなってきたような。

 ドキドキするなぁ~

 

Dsc00832_2  

 最後の最後で、なんとかかたちになりました。

 よかった! 

   

  

  

ジュースのパックに、こんなかたちのが昔ありましたな。

同じ中身なのに、三角パックの方がおいしいと思ってました。

飲み終わってから、ストローの挿し口を下にして踏むと、ポンっと音が鳴って。

ただそれだけなのに、給食に出てくると嬉しかったなぁ。

ちなみに、かたちは平たくなってしまったけど、

かさばらない平ポーチのほうが、使い勝手は好みかも。

Photo  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

pojagi ~サガッポ~

070819_1453 サガッポ(敷物)

緑色が涼しげです。

四隅の飾り布と薄いオレンジのパクチがポイントになってます。

---FERISSIMO KIT---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pojagi ~コースター~

Photo_54 今度のポジャギはコースター。

地模様のある布地のスコサ。

和風な感じ、なんとなくお寺さんをイメージしてしまいます。

いや、これはやっぱり韓かな~?

Photo_55

とってもすべすべのきれいな布なのです。

鋏いれるのがもったいないと思ってしまいます。

そして紐もきれいです。

Photo_56

今回の結び方は前回のバッテン(トレ)にこうもり(パクチ)の合わせ技で

メトップ・トレ・パクチ

Photo_57 こうもり、わかりますかね~?

ココに結び目がくるようにと思っても

したいと思うところになかなかできないんです。

結び目がえらい上にきたり、結び目と結び目の間が空いたりで

何度もやり直しました。

Photo_58

コースターで使うのはもったいない雰囲気なので

しおりとして使おうかな。

紐もついてるので壁掛けでもかわいいかな。

- by FELISSIMO KIT -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

pojagi ~チュモニ~

Photo_50 チュモニ(巾着)

今回は紐の結び目も新しくお勉強。

トレとウェトレ、どちらも結び目がバッテンの字に見えますが

結び方が微妙に違います。

  - by FELISSIMO KIT -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pojagi ~サンポ~

Photo_24 これはサンポというのだそうです。

布はノバンとオクサを使っています。

布の色は、韓国の首都ソウルの市花ケナリ(レンギョウ)の色をイメージしてあるそうです。

前回はタクァポ。どちらも覆い布のことのようですが、どこかで区別しているのでしょう。

これは四隅にキロキ(雁の足)メトップ(結び目)の紐がついています。

Photo_26 赤・白・青・黄・緑(黒)の5色は陰陽五行説の影響をうけた「五方色」というのだそうです。

そういえば、この色の組み合わせって見たことがあるような。

それぞれの色に意味があるのでしょうね。なかなか興味深いです。

そして、今回は縁をサンチム(返し縫)で仕上げました。

Photo_27 二つ目サンチムです。三つ目もあるようです。

返し縫でもこうして装飾性も兼ねているのですね。

キロキメトップの紐をループに通して使うようなのですが

これでいいのでしょうか? よくわかりません。

Photo_28

これは覆うというより包むって感じですね。

- by FELISSIMO KIT -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pojagi ~タクァポ~

Photo_20 透け感がたまらないポジャギ。

ずっとポシャギ、ポシャギと思い込んでました。

pojagi-ポジャギと読むのですね。

フェリシモのキットです。

ポジャギというのは包んだり覆ったりする布のことで

パッチワークのように繋いで作る技法はチョガッポだそうです。

薄い絹の布、ノバンとオクサ。どちらもパリっとハリがあります。

オクサにはところどころにポコっとした小さなスジのようなものが入ってました。

ノバンに比べるとオクサの方がカットする時に逃げてしまうような感じです。

縫い方もいろいろあるみたいですが、今回は縫い代を包み込むようにしてぐし縫いしています。

つまみのところにパクチ(こうもり)がついてポイントになっています。

韓国の呼び名も少し覚えられておもしろいです。

これはタクァポ(覆い布)

Photo_21

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ピンクのポーチ  

フェリシモ スモッキング第2弾

061112_1742

ギンガムピンクのポーチとコサージュ

前回のスモッキングほどにギャザーがでなかったけれど。

クロスステッチも入って、まぁ、ピンクで可愛いし♪

コサージュは仕立てを間違って不恰好になったところをカモフラージュ(^^ゞ

ギンガム布と裏布だけではちょっと心もとないのでキルト綿を挟みました。

ぷわんぷわんな感触。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スモッキング

061005_2348_ 水色ストライプのポーチとミニきんちゃく

by FELOSSIMO KIT

スモッキングは何故か昔なつかしー感じがする。

3年ほど前にポケットティッシュのケースを作ったのが最初。

あの時はギンガムチェックだったな。

布のプリントを生かすので刺し位置の間隔がとりやすい。

民族衣装だったか?無地にかなり混みいったカラフルなスモッキングもありますね。

これはキットなのでわりに単純な模様。でもかわいい♪

スモッキングはギャザーなんだよね。ビヨヨンと伸び縮みするのも面白いので

何度もひっぱったりして喜んでおる次第。(^◇^)

スモッキングは楽しいんだけど、仕立てるのが苦手。

ファスナーとか内袋とか。。やっぱり苦手。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

テーブルセンター出来ました♪

061001_1657_2 テーブルセンター 80×40

Olympas British Garden リーフガーランド

それぞれの糸が微妙に色が違ってて、わからなくなりそうだったけど

今回、とても役にたったのがこのお手製オーガナイザー。(^_^)

060815_1521_

ちなみに裏布も薔薇です。 060927_2314_

  

でもテーブルセンターとしては使えないかも。

だってすぐに汚れそうだもん。。。^_^;

鏡にかけようかな なんて思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)